February 24, 2008

サッカー日本代表東アジア選手権★韓国と引き分けて優勝を逃す

こんにちは。第3回東アジア選手権の最終戦が昨日、中国の重慶で行なわれました。対戦相手は韓国。結果は1対1の引き分け。日本は1勝2分けの勝ち点5で韓国と並ぶも総得点で韓国を下回り2位に終わりました。

前半15分、韓国に先制のゴールを決められます。日本は試合開始後の立ち上がりがどうも・・・。エンジンのかかりが遅く相手の様子を見ているうちに攻め込まれて失点!といったケースが今までにも多々ありました。気迫を前面にだして攻めてくる韓国を相手におされながらも後半、遠藤選手のCKをうけた内田選手がアシスト、山瀬選手が鋭いミドルシュートをはなち見事!ゴールネットをゆらしました。その後、次々とFWを投入して一点を獲りにいきましたが、最後までゴールを決めることはできませんでした。

大会をふりかえってみるとラフプレーと不可解な審判の判定はさておき、ベテランのDF中澤選手の存在感が光っていました。若手では19歳DF内田選手が光っていましたネ。ちなみに内田選手が被写体となっている常陽銀行のポスターの盗難があいついでいるとか。スポーツ選手カードの価格も上昇中だそうです。

キルトカフェのIkueがおとどけしました。(^_^)

12:59:36 | ikue | | TrackBacks